軽自動車 下取り

軽自動車を下取りに出すと損をする!

 

軽自動車を買い替えようかなと思った時、
どのようにして、買い替えを進めていきますか。

 

おそらくほとんどの方が、ディーラーの下取りに出されているのではないでしょうか。

 

しかし実はディーラーで下取りに出すと損をする可能性があると知っていましたか。

 

今回は軽自動車をこれからディーラーに下取りに出そうとされている方に、
ディーラー下取りの闇と高く売却する方法について紹介いたします。

 

 

ディーラー下取りは安いのか

 

ディーラーの軽自動車の下取りは安いとお話しましたが、
「本当なのか?」と思われる方が多いかもしれません。

 

というのも、中古車として販売している軽自動車には
高い値段がついているからです。

 

確かに軽自動車の中古車市場は値段が高く設定されています。

 

しかし、下取り価格と中古車の販売価格の設定は比例しないのです。

 

それはなぜかと言うと、
軽自動車は中古に並べておけば、需要が多いためすぐに売れてしまいます。

 

下取り価格の高い普通車は、中古市場では動きが悪いので、
なかなか下取りをしても現金化できないのが現状です。

 

その為、下取り価格は安いが需要の多い軽自動車を高値で中古として販売する事で、
普通車の動かない分の利益を補てんしようとします。
よって、軽自動車の中古価格は高くなるんです。

 

一方の下取り価格はというと、
市場の需要などにやや左右されるものの、ほぼ変わる事はありません。

 

なぜかと言うと、査定価格には基本査定価格という物が設けてあり、
それは新車購入時の金額によって左右されます。

 

その為、軽自動車は普通車よりも元々の購入金額が安いため、
下取りの基本額が安く設定されているのです。

 

基本が安いとどう頑張っても、マイナス方式の下取り査定では基本金額よりも
高い金額を提示される事はないのです。

 

 

軽自動車を高く売却する方法

 

下取りに出すと、安い価格が提示されてしまう理由は理解いただけたかと思います。

 

ではどのようにすると、高く売却する事ができるのでしょうか。

 

軽自動車を高く手放すにはディーラー下取りではなく、
買取業者を利用すると良いでしょう。

 

特に、複数の買取業者に査定に出す方法が効果的です。
買取店1店だけだと足元をみられることもあるからです。

 

買取業者を一軒一軒回るのは大変ですので、
一括査定を利用して複数の買取業者に
一括して査定依頼するのがお勧めです。

 

また、一括査定を利用する事で、
それぞれ勝手に金額を競って提示してくれますので
簡単に高く売却する事ができるのです。